スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
国立新美術館
7月3日


7月1日のことです。

 IMG_32903-400.jpg
六本木にある国立新美術館に行きました。
スイーツ好きのママではありますが、ここが一番の目的場所だとか。。。

 IMG_33143-400.jpg
全面ガラス張りで素晴らしい美術館です。

 IMG_33083-400.jpg
内部です。

 IMG_33073-400.jpg
16日まで、大エルミタージュ美術館展が開催されています。
エルミタージュ美術館はロシアのサンクトペテルブルクに位置し、ロマノフ王朝の歴代皇帝の宮殿からなる建物と、300万点を超える所蔵作品とが見事な調和を織りなす、世界有数の美術館です。

 img804-400.jpg
16世紀ティツィアーノの『祝福するキリスト』

 img805-400.jpg
17世紀ルーベンスの『虹のある風景』

 img802-400.jpg
18世紀のブーシェの『クピド(詩の寓意)』

 img801-400.jpg
19世紀モネの『霧のウォータールー橋』

 img803-400.jpg
20世紀マティスの『赤い部屋(赤のハーモニー)』

ママは400年の時代の変化を感じながら、89点を心おきなく鑑賞したようです。

 IMG_36973-400.jpg
お気に入りの複製を購入し、絵画堂さんで額装していただきました。
お玄関で楽しませていただいています。

作品解説(ネットからお借りしました。)
モネは1871年以来、ロンドンを数度にわたって訪れている。その中でも、1899年、1900年、1901年の三回の滞在は豊かな収穫をもたらした。テームズ河畔のサヴォイ・ホテルのバルコニーに画架を据えて、モネは、国会議事堂、ウォータールー橋、チャーリング・クロス橋という三つのモティーフに焦点を合わせて描き続けた。この作品もそのような連作のうちの一点である。斜めに俯瞰構図で描かれたウォータールー橋は、僅かに赤味を帯びた色彩で描かれ、橋の上の通行人や馬車がロンドン特有の霧を背景に浮かびあがる。三次元的な空間再現を断念せしめるような対象を前に、他の作品同様、彼の関心は、朦朧とした霧の中で拡散し水面を微かに照らし出す光に向けられている。堅固な構築物としての橋はここではほとんど消え去り、反映する光がもたらす色彩だけが僅かに橋の姿を留めている。

 

 にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
ミミタンにポチッとよろしくです~♪
[2012/07/03 12:03 ] | 絵画 | コメント(8) | トラックバック(0)
<<カーニャカーニャ | ホーム | 六本木・オランジュ>>
コメント
何年も美術館に行っていないなぁ!
六本木の美術館、最近出来たのですか?
モネの『霧のウォータールー橋』
みみたんの家に行ったら
いつでも観れるのですネ、いいなぁ!!
[2012/07/07 06:33] | URL | フォーリー #LQJkmcjk [ 編集 ]
 ☆のん(*^―^*)ちゃん★ みU^工^Uみたん おはようU^ェ^U わんこ

 美術館での絵画の鑑賞。。。良い目の保養になったでしょう~~~♡

 みU^工^Uみたんギャラリ~周辺も、楽しめそうですね*^-^*"
[2012/07/07 07:29] | URL | うさ⌒(*^―^*)⌒ #ncVW9ZjY [ 編集 ]
おはよう~~♪  トムです

国立新美術館は 六本木と言う東京の中心地に在りながら 近代的で、展示会が同時に二つも三つも開催できるような広大な美術館ですよね。 交通の便も極めて良いし・・・・ね。

トムも 大エルミタージュ美術館展を観ましたが素的でしたね。膨大な貯蔵品の中から 四世紀に亘る限られた点数の絵だけを展示しているのでしょう・・・・が。

展示場に入って直ぐの 大きな「祝福するキリスト」の絵は圧巻でしたね。
ブーシェの「クピド」は愛らしい天使が描かれていて、可愛いのですが・・・・。「ウェヌスの帯を解くクピド」に描かれた悪戯の天使には、心の中で笑ってしまいました(トムの品性が下劣なのでしょうね)
印象派ではモネの「霧のウオータール橋」は秀逸ですね。 ルノアールの「黒い服を着た婦人」は気品溢れる中年女性の美しさが描かれていますね。 その瞳の輝きは まさに「臥龍点睛」の感がありますね。

NONさんのように絵心がおありの方には 素晴らしい大エルミタージュ美術館展の一日だったことでしょうね? 良かったですね。
[2012/07/07 10:11] | URL | トム #- [ 編集 ]
★お返事★  NON→ふぉーりーへ
ふぉーりーこんにちは~♪
国立新美術館は5年前に開館され、今回は5周年記念の催しのようです。
モネの『霧のウォータールー橋』 ステキでしょ~♪
複製でも充分に楽しめます。
涼やかで夏向きかなぁ~♪
[2012/07/07 10:55] | URL | NON #X.HP9Bps [ 編集 ]
★お返事★  NON→⌒(=∵=)⌒ちゃんへ
⌒(=∵=)⌒ちゃん~こんにちは~♪
楽しみにしていた国立新美術館です。
初めていきました~♪
ゆっくり鑑賞することができてうれしかったです~♪
お気に入り一点の複製を買ってみました。
[2012/07/07 14:55] | URL | NON #X.HP9Bps [ 編集 ]
★お返事★  NON→トムさんへ
トムさん~こんにちは~♪
国立新美術館は広大ですね。
いろいろな催しもされていて、興味もあったのですが、
時間の都合であきらめました。
全面ガラス張りも素晴らしいです~♪
トムさんの作品解説素晴らしいです~♪
トムさんは、音声ガイドなんていらないですね。
上の5枚と大好きなルノワールのポストカードを買ってきました~♪

[2012/07/07 15:23] | URL | NON #X.HP9Bps [ 編集 ]
私はまだ新国立美術館に行った事ないんです。
そこに入ってるフレンチもいいんですよね~

額に入った絵も素敵です。
[2012/07/07 15:28] | URL | みっち #- [ 編集 ]
★お返事★  NON→ミッチさんへ
ミッチさん~こんにちは~♪
絵にも感動しましたが、国立新美術館は素晴らしいです。
3階に、有名なフレンチがあるのですね。
2階には気軽に入れるカフェがありました。
霧のウォータールー橋いいでしょ~♪
[2012/07/07 15:38] | URL | NON #X.HP9Bps [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://non54.blog97.fc2.com/tb.php/1298-5d2f6047
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。