スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
空とぶイカ
2月8日 吹雪

朝刊に、興味深い記事が掲載されていました。

IMG_19014-420.jpg
「イカは本当に空を飛ぶ」。
北大大学院水産科学研究院(函館)の村松康太さんたちの研究グループが、イカが海中から飛び出し空中を滑空する様子の連続撮影に成功しました。イカの飛行の詳細な仕組みを解析したのは世界で初めてだそうです。

とぶイカー420
海中から飛び出し「飛行」するイカの群れ=2011年7月 

村松さんは2011年7月、同大練習船で東京の東約600キロ沖を航海中に偶然、100匹近いイカの群れが水面から飛び出す場面に遭遇。その様子を撮影したそうです。

まるでトビウオのように見えます。

とぶイカ2-420
着水までの一連の動きを映像から分析した結果、海中から飛び出たイカは、外とう膜に吸い込んだ海水を漏斗(ろうと)と呼ばれる部位から噴出。推進力を発生させて速度を上げ、さらにヒレと腕の保護膜を翼のように広げて、滑空する揚力を生み出していることが分かったそうです。

イカは全長約20センチのアカイカまたはトビイカとみられ、「飛行時間」は少なくとも3秒以上。毎秒8~11メートルの速さで海面から約2~3メートルの高さを滑空、移動距離は30メートルほどに達したそうです。

海中でイカを狙うマグロから逃げるため能力が身についた可能性が高いと分析されています。


(写真・内容は道新からお借りしました。)



  にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
ミミタンにポチッとよろしくです~♪

[2013/02/08 22:27 ] | 日常 | コメント(3) | トラックバック(0)
<<お休みです | ホーム | お休みです>>
コメント
おはよう~~♪  トム

道新の「空とぶイカ」の記事(写真入り)が、今日2月9日読売の朝刊(東京版)にも転載されていましたよ。  面白い記事ですね。  イカの見事な群舞ですね。 
マグロか何かに追われていたのかも知れませんが、実に、良いタイミングで撮れた 美しいイカの群れが空を飛行する写真ですね。

いかのヒレ、保護膜、胴体の全部で飛行のための揚力を稼いでいるのでしょうが、胴体の前部のヒレで大きな揚力を得ているのでしょうね。 
この 大きなヒレが付いたイカの飛ぶ姿を見ていると 前翼が付いているスウェーデン・サ-ブ社の戦闘機「サーブ39グリッペン」の特異な姿を思い出します。 高い揚力で 普通の道路500mで離陸するみたいです。  ただし 残念ながら、サシミでは食べられませんが・・・・(笑)
[2013/02/09 09:40] | URL | トム #- [ 編集 ]
★お返事★  NON→トムさんへ
トムさん~おはようございます~♪
朝刊を開くと、何かが飛んでる。。。と思い記事を読むとイカでした。
まさかイカが飛ぶとは思っていませんでした。
はねるのは見たことがありますが~♪
このような写真がタイミングよく撮れるなんて素晴らしいですね。
スウェーデン・サ-ブ社の戦闘機ですか~♪
どんなのかなと想像しています~♪
[2013/02/09 10:02] | URL | NON #X.HP9Bps [ 編集 ]
☆のん(*^―^*)ちゃん★ みU^工^Uみたん こんばんU^ェ^U わんこ

 最近TVでもこのイカの事が紹介をされていました…。

 貴重なシ~ンを、みんなが見られて嬉しいですよね。
 
[2013/02/10 21:54] | URL | うさ⌒(*^―^*)⌒ #ncVW9ZjY [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://non54.blog97.fc2.com/tb.php/1519-6d97a9a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。